【荒野行動】新武器『M1917リボルバー』性能と特徴を解説!第2のハンドガンがガチで強い!

未分類
荒野行動に今後登場予定の新武器「M1917 リボルバー」について紹介しています。いち早く性能情報を入手したのでぜひ参考にしてください。※実装前の先行情報記事です。
更新:2/26PC版アップデートで実装されます。

M1917の概要

種類副武器(拳銃)
ダメージ65
連射速度8
射程50
容量6
反動9
使用弾丸9mm弾

 

 

追記:10m以内であればヘッドショット1発で即死します。

 アタッチメント

P9には拡張・迅速のマガジンやサプレッサーが存在しますが、取り付け可能なアタッチメントは無いようです。

また、画像を見ると「レール」と言われる銃の部品が確認できることから、ドットサイトなどのスコープを取り付け可能ではないかと推測していましたが、スコープも無いようです。

使用動画

【2/21更新】公式ツイッターより、動画が公開されました。

この動画ではかなり強そうに見えますが、反動が大きいようです。

【2/25更新】新たに動画が公開されました。

現時点ではどのマップで出現するのか判明していませんが、東京決戦マップは確定です。

タイミングが重要⁉

武器庫の説明にはこのように書かれています。

なにやら、タイミングよく射撃すると連射が可能なようです。

M1891がリロードするタイミングによってリロード時間が変わるのと似たようなギミックですね。練習が必要になりそうです。

解説

「M1917リボルバー」は荒野行動の2つめのハンドガンということになります。荒野行動が2017年11月にリリースされてから実に1年3ヵ月もの間、ハンドガンはP9しか存在していませんでした。

実はハンドガンが1つしかないのはTPS・FPSの銃撃戦ゲームにしては珍しい状態なのです。

ハンドガン追加は大手実況者など一部で期待する声が上がっていたため、運営側もそれに応えた形でしょう。

なんとP9より、容量(弾数)以外の全ての性能面において優れています。以下の表をご覧ください。

参考:P9とM1917の性能比較!

P9M1917
ダメージ4865
連射速度48
射程3550
容量76
反動109

はっきりと差が分かりますね。

ここまで明らかに強くしてしまって大丈夫なのか・P9との差別化は図らないのかと疑問に思ってしまいますが、特にP9を強化するということは公表されていません。
ですので、完全に「P9ではなくM1917を使ってね」ということなのでしょう。
P9はAK-47と同じくらいの威力を誇るものの、距離による威力減衰が激しかったり連射速度が遅かったりしてとても使いにくいのが現状です。
しかし、M1917であれば威力も連射速度も大きく向上しているため、序盤の武器ガチャでも負けたとは言えなさそうです。
実銃ではM1917はリロードが遅いという欠点が存在するため、荒野行動ではどうなるのかも注目しましょう。最近の荒野行動の新武器の傾向としてはリロードが遅かったり特徴があったりするなど工夫が凝らされているので、もしかするとM1917もリロードが非常に遅いことが特徴の武器になるかもしれないですね。

コメント

  1. 早く使いたい

TikTokへのアップ含め二次利用禁止

タイトルとURLをコピーしました