iOSアプリ課金が約30%値上げへ!荒野行動への影響は?|AppStore

AppStore課金値上げ

Appleは19日、AppStoreでの有料アプリやアプリ内課金を値上げすると発表しました。

おそらく円安によるもので、約30%の大幅な値上げになっています。

値上げ幅

Appleは、世界共通の値段テーブル「Tier」を定めています。これにより各アプリ開発者が価格を決めるのが用意になります。

今回、日本などの国でTier各段階が値上げされます。荒野行動が採用しているTierの値上げを見てみます。

金券(枚)現在の価格(円)変更後の価格(円)
60120160
185370480
305610800
680+おまけ101,2201,600
1280+おまけ652,4403,200
1980+おまけ1053,6804,800
2580+おまけ1964,9006,400
5280+おまけ41510,00012,800
確定ではありません

荒野行動への影響

普通に考えると荒野行動での金券の価格もそのまま値上がりすることになります。しかし、そうとも限りません。

値上げは2019年10月の消費増税に伴うもの以来です。その際は、値上がりしつつもおまけ金券が増量されました。

結果的に1金券あたりの価格はほぼ変わりませんでした。

今回も、同じく実質的には変わらないことになるかも知れません。

この変更は2022年10月5日から適用されます。

前回の価格改定による荒野行動の改定表は変更日の前日21時に発表されたので、今回もギリギリになりそうです。

また、今はチャージセンターがあります。これは荒野行動独自の決済システムなので、Appleによる変更の影響を受けません

もしアプリ内課金が値上げされおまけ金券も増えなかったら今後はチャージセンター経由の課金が主流になりそうです。

今回の値上げはネットイースではなくAppleによるものです。ネットイースは正式な対応を発表していません。

Source:Apple

コメント 0件 投稿お待ちしています

コメント

タイトルとURLをコピーしました