【荒野行動】毒ガス弾の仕様が元通りに戻った!弱体化はただのバグだった

最新情報

毒ガス弾弱体化

10月26日の夜頃に突然毒ガス弾の仕様が変更されました。それまでは障害物に当たるとすぐに爆発していたのが、手榴弾や発煙弾のように跳ねて残り時間が無くなってから爆発するようになっていました。

非常に使いにくくなり、これは実質毒ガス弾の弱体化として話題になりました。

【荒野行動】毒ガス弾が弱体化!スマホ版のみサイレント修正で仕様変更
害悪アイテム 毒ガス弾は昨年8月に追加された投擲物の一種です。爆発すると周囲に毒ガスを散布し大ダメージを与えます。 実装当初から「強すぎる」と批判を浴び弱体化が強く望まれていました。ゲリラ大会などでは出現しないよう設定されて...

反対意見多数

記事でのアンケートでは1700件以上の回答を頂き、グラフを見ると毒ガス弾の弱体化(仕様変更)に反対する人が半数を超えていました。「戻してほしい」という意見が多い一方、「今までが強すぎたから弱体化されて嬉しい」という意見を持つ人が3割以上存在するのも事実です。

元に戻った!

修正2日後の28日夜、なんと毒ガス弾の仕様が元に戻っていることが確認できます。以前の「障害物に当たったらすぐ爆発」するようになっています。弱体化反対派のユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

仕様変更時も元に戻った時も相変わらず公式からのお知らせはなく、サイレント修正の状態です。

バグだった

たった2日で元に戻されたため、仕様変更による弱体化は意図したものではなく単なるバグだった可能性が高いです。

それに、運営に問い合わせたらバグだと回答が来たという情報提供もあります。

2回も告知無しで仕様がコロコロ変更される事態となってしまいました。プレイに大きく関係する部分ですからお知らせはしてほしいですね。

  1. まさかの自分の書いたコメントが記事に使われてる…
    ちょっと嬉しい

    5+
    • 使わせて頂きました、情報提供ありがとうございました!m(_ _)m

      3+
  2. ゲームの雨天について??いくつかの情報は?

    6+
タイトルとURLをコピーしました